面倒事を避けるなら大阪のデリヘル

居酒屋で会ったデリヘルドライバー

友人と飲み行ったときの話です。
チェーン店ではない居酒屋で飲んでいました。焼き鳥がおいしいお店で、いろんな種類の焼き鳥を頼んでビールを飲んで、とやっていたらいくらでも食べられそうでした。最近少しだけお腹が出てきたので、さすがにこのペースはまずいかと、冷奴を頼んで、カロリーのペースを下げながら話をしていました。
彼女がいないとか、そんなの風俗に行ったらそれでいいんだとか話していると、近くのテーブルの男が話しかけてきました。彼はもう酔っ払っていて、面倒くさそうな雰囲気がありありだったのですが、普段デリヘルのドライバーをやっている、と聞いて少し興味が出たので話を聞いてみました。
デリヘルのドライバーというのは、女の子を送り迎えするのが基本の業務ですが、それ以外にも大事な仕事があるということでした。それは女の子のご機嫌取りです。事務所にいるときは女の子のパシリをしたりするのは当たり前で、車の中でも話し相手をします。女の子の趣味を把握しておくのは当然で、いかに彼女たちのストレスを軽減するか、ということを考えながら運転しなければならないという話でした。また、問題があったときには相手の家に行って話をつけなければならず、それも面倒だということです。
風俗を楽しむなら極力、面倒事はごめんですよね。やっぱり優良店は嬢の教育も徹底してますし、パネル写真についても大幅な加工なんかしていません。大阪デリヘルはこういった優良店が多いのでおすすめです。

サブコンテンツ